見学予約・お問い合わせはこちら

お知らせ・お客様の声

樹木葬購入前に準備しておくこと【宮城県石巻・松島・仙台の樹木葬霊園 マイメモリー樹木葬 のびる】

こんにちは!いつもご愛読ありがとうございます。

宮城県石巻・松島・仙台の樹木葬霊園、マイメモリー樹木葬 のびるの佐藤です。

今日は樹木葬の購入前に準備しておくことを実際にあった

質問を踏まえながら説明したいと思います。

 

そもそも樹木葬は生前の購入が7割ですので、このような話が必要になってきます。
まずは一つ目の質問。

「樹木葬に興味があるんだけど、まずは何から始めればいい?」

もちろん最初の質問は皆様こちらになります。

樹木葬自体、話題にはなっているし興味はあるけど、

どうしたらいいのかわからないお客様は非常に多いです。この場合はまずは、

樹木葬を運営している会社に問い合わせて、相談する

これに尽きます。逆に樹木葬をやっていないのに菩提寺の和尚さんに相談してしまっては、

樹木葬の正しいメリットやデメリットを知ることはできません。

まずはインターネット上から資料請求でも、電話で直接聞いてみるでもいいので、

相談してみましょう。

それでは次の質問に行きましょう!

 

「樹木葬についてはわかった。ただ菩提寺があるので、

そことの関係はどうすればいいのか?」

最近もっとも増えてきたお悩みがこちらになっています。

多くの樹木葬は「墓じまい」を考えているお客様や

「夫婦だけ」のお墓を考えているお客様が購入されます

なので必然的に、今までの菩提寺とは離檀していただく必要があります。

離檀の際に発生するのが離檀料です。近年墓じまいも増えてきているため、

お寺も檀家の減少に歯止めをかけたいのか、

非常に高額な離檀料を請求されるケースもあるそうです。こうなってくると、

「じゃあ離檀料はいくら払えばいいの?」

という話になります。実は離檀料に決まりはなく、適正金額も存在しません。

そして支払う義務もないのです。

そもそも離檀料とは「今まで代々供養してもらったお寺さんに感謝の

気持ちを込めていくらかお包みする」という習慣からあるものです。

なので一般的には檀家としての管理料の何年分かを支払う方が多いようです

ただ、金額には幅があり30,000円から200,000円と

地域や風習によっても大きく変わるようです。

併せて聞かれる質問として、

「離檀料の他に必要な手続きは何があるの?」

という質問があります。

特に先祖代々のお墓の移動がなければ他にはありませんが、

購入した樹木葬に先祖代々の何名かは連れて行きたい、となると、

「墓地埋葬法」にある「改装許可証」へのお寺からの認可が必要になります。

このケースはトラブルになるケースもあり、離檀料を払わないと、

これに認可を出してくれないお寺もあるようです。その場合は、

本山、または役所、霊園のメンテナンスをしている石材店などに相談する

のが正しい解決方法です。彼らの仲介によって交渉はうまくいくことが多いです。

まずは一人で悩まず相談していただくことが解決への近道になるということですね。

PAGE TOP